URL 削除ツールの使い方

URL 削除ツールは、Googleの検索結果から自分のサイトを削除するツールです。このツールを使うことで、Googleの検索結果から自分のサイトを削除することができます。

ここでは、URL 削除ツールの使い方とURL 削除ツールを使う際の注意点について解説します。

URL 削除ツールの概要

サイトからページを削除した場合、ページにアクセスしてもそのページを閲覧できなくなりますが、クローラーが削除したページを巡回するまで検索結果に表示されたままとなります。

また、検索エンジンが提供しているキャッシュからもそのページを閲覧できる状態のままです。

通常であればそれで問題ありませんが、機密情報が公開されていた場合など、すぐにネット上から削除しなければならない場合、URL 削除ツールを使用する必要があります。

URL 削除ツールを削除すると、検索結果およびキャッシュからそのページを完全に削除することができます。

URL 削除ツールの使い方

  1. Google Search ConsoleのURL 削除ツールを開きます。
  2. 「一時的に非表示にする」をクリックします。
  3. 削除したいリソースのパスを入力し、「続行」をクリックします。例えば、削除したいリソースが「https://www.example.com/hoge/foo」であれば、「/hoge/foo」と入力します。
  4. 次の選択肢の中からいずれか一つを選択します。
    • 検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する
    • キャッシュからのみページを削除
    • 一時的にディレクトリを非表示にする
  5. 「リクエストを送信」をクリックします。

リクエストが処理されるまでには1日程度かかることがあります。また、リクエストは承認されないこともあります。

URL 削除ツールを使ってURLを削除しても、リクエストの送信から90日後には再びページが検索結果に表示されるようになります。URLを削除したあとは必ずリソースを完全に削除するようにしてください。

検索結果でページを一時的に非表示にし、キャッシュから削除する

このオプションを選択すると、検索結果から対象のページが削除されます。また、キャッシュサーバーからも削除されます。

一時的にディレクトリを非表示にする

検索結果から対象のディレクトリを90日間削除します。

トップページを指定した場合、すべてのページが検索結果から削除されます。

キャッシュからのみページを削除

このオプションを選択すると、Googleのキャッシュサーバーからページのキャッシュを削除します。検索結果からは削除されません。

ページをnoindexにしたときや、ページの内容を更新したのにキャッシュが更新されていないときに使用します。

リソースを完全に削除する

URL 削除ツールを使った後は、サイトから削除したリソースを完全に削除します。

サイトから対象のページを完全に削除し、アクセスしてもそのページを閲覧できなくなったことを確認すれば、作業は完了です。

なお、ページを削除した際は、そのページにアクセスした際にページが見つからないことを示す404 Not Foundがレスポンスされますが、410 Goneをレスポンスするようにすることで検索エンジンにページが削除されていることを示すことができます。

URL 削除ツールによるリクエストが拒否される場合

GoogleのMatt Cutts氏によれば、URL 削除ツールを使って一度に何万もの削除リクエストを送信すると、リクエストを拡大したり、縮小したり、キャンセルしたりすることがあるようです。

大量の削除リクエストを送信する際は、ディレクトリごとの削除で代用できないかどうか検討してください。

URL 削除ツールの間違った使い方

URL 削除ツールは、次のような用途で使用すべきではありません。

  • 404エラーの除去: Search Consoleに表示される「見つかりません」のエラーを非表示にする目的でURL 削除ツールを使用するべきではありません。このような使い方は、URL 削除ツールの本来の目的に反しています。
  • URLの正規化: wwwのあり・なしバージョンを統一させるためにURL 削除ツールを使用するべきではありません。URLを正規化する目的でこのツールを使用した場合、すべてのバージョンが検索結果から削除されてしまいます。