ブラックハットSEOの手法

ここでは、Googleが品質に関するガイドラインで禁止しているブラックハットSEOの手法について解説します。

ブラックハットSEOの取り締まりは年々強化されていますので、新しくサイトを作ろうとお考えのウェブマスターの方はこういったSEOを行わないようにすることをおすすめします。

禁止されている行為

Googleは、ブラックハットSEOとして、次のような行為を禁止しています。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプより引用

コンテンツの自動生成

検索エンジンは良質なコンテンツを高く評価します。
このことを悪用して、自動生成されたコンテンツを大量に作成して検索エンジンを欺き、無理やり上位表示させる行為は品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

自動生成されたコンテンツとは、主に次のようなコンテンツのことを指すとされています。

  • 自動化されたツールで翻訳されたテキストが人間によるチェックや編集を経ず公開されたもの
  • マルコフ連鎖などの自動化されたプロセスを通じて生成されたテキスト
  • 自動化された類義語生成や難読化の手法を使用して生成されたテキスト
  • Atom/RSS フィードや検索結果からの無断複製によって生成されたテキスト
  • 複数のウェブページからのコンテンツに十分な付加価値を加えることなくそれらをつなぎ合わせたり組み合わせたりしたもの

自動的に生成されたコンテンツ – Search Console ヘルプより引用

リンクプログラムへの参加

Googleは被リンクを順位決定の上で重要視しており、被リンクはコンテンツの質と同じくらい重要であると言われています。
そのため、多くのWebスパマーが、検索エンジンからの評価を高めるために、自演の被リンクを自サイトに向けて貼っています。

このような、検索エンジンからの評価を操作することを目的としたリンクを自分のサイトに貼ったり、
ほかのサイトに向けて貼ったりする行為は品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

具体的には、次のような行為を行うと品質に関するガイドラインへの違反にあたります。

  • PageRank を転送するリンクの売買。これには、リンク、またはリンクを含む投稿に対する金銭のやり取り、リンクに対する物品やサービスのやり取り、商品について書いてリンクすることと引き換えに「無料」で商品を送ることなどが含まれます。
  • 過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。
  • アンカー テキスト リンクにキーワードを豊富に使用した、大規模なアーティクル マーケティング キャンペーンやゲスト投稿キャンペーン。
  • 自動化されたプログラムやサービスを使用して自分のサイトへのリンクを作成すること。

リンク プログラム – Search Console ヘルプより引用

検索エンジンはほとんどの場合、このような行為を見抜きますので、このような行為は行わないでください。

なお、もし、外部サイトから自分のサイトへリンクを貼る必要がある場合はrel="nofollow"を使いましょう。

オリジナリティのないページの作成

もし、ブラックなSEOを行っていなくても、サイトにオリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページは品質に関するガイドラインに準拠していないため、Googleから何らかの処置を受ける可能性があります。
ほとんどの場合、そのようなページは検索エンジンのアルゴリズムのアップデート(パンダアップデートやペンギンアップデートなど)に捕獲されます。

Googleは、オリジナルコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの例として、次のようなページを挙げています。

オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しない – Search Console ヘルプより引用

クローキング

クローキングとは、人間とロボットにそれぞれ異なるコンテンツを表示するスパム行為のことです。
クローキングは品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

Googleは、具体的に次のような行為をクローキングとみなします。

  • 検索エンジンには HTML テキストのページを表示し、人間のユーザーには画像や Flash のページを表示する。
  • ページをリクエストした User-agent が人間のユーザーではなく検索エンジンである場合にのみ、ページにテキストやキーワードを挿入する。

クローキング – Search Console ヘルプより引用

なお、Googleは、PCのユーザーとモバイルユーザーに別々のページを見せたりする行為を禁じているわけではありません。

不正なリダイレクト

リダイレクトとは、あるページにアクセスしたユーザーをほかのページに転送する行為のことを言います。

誤解のないように述べておくと、本来、リダイレクトはスパム行為ではありません。
ページを別のURLに移動したときや、複数のページを一つのページに統合したときに用いる処理です。

しかし、「リダイレクト」を悪用する者も存在します。
人間と検索エンジンを別々のページにリダイレクトしたりする行為は品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

Googleは、具体的に次のような行為を、ブラックハットSEOとみなす不正なリダイレクトとしています。

  • 検索エンジンにはあるコンテンツが表示されるが、ユーザーはまったく違うコンテンツにリダイレクトされる。
  • PC ユーザーには通常のページが表示されるが、モバイル ユーザーはまったく別のスパム ドメインにリダイレクトされる。

不正なリダイレクト – Search Console ヘルプより引用

隠しテキストや隠しリンク

検索結果のランキングを操作するために、ページ内に隠しテキストや隠しリンクを入れる行為は、品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

例えば、次のような行為は品質に関するガイドラインで禁じられています。

  • 白の背景で白のテキストを使用する
  • テキストを画像の背後に置く
  • CSS を使用してテキストを画面の外に配置する
  • フォント サイズを 0 に設定する
  • 小さな 1 文字(段落中のハイフンなど)のみをリンクにしてリンクを隠す

隠しテキストと隠しリンク – Search Console ヘルプより引用

誘導ページ

誘導ページ(ドアウェイページ)とは、ある特定のページにユーザーを導くためのページのことです。
誘導ページを作成する行為は品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

Googleは、誘導ページに該当するページの一例として、次のようなものを挙げています。

  • 特定の地域や都市を対象としたドメイン名やページを複数持ち、それらのドメインから 1 つのページにユーザーを誘導するもの
  • サイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを案内することを目的として生成されたページ
  • サイト内における階層が明確に定義されていないため構造としては検索結果の一覧に近い、内容が類似する複数のページ

誘導ページ – Search Console ヘルプより引用

コンテンツの無断転載

ほかのページからコンテンツをコピー(無断複製)したり、ほかの複数のページからコンテンツを切り貼りしたページを作成する行為は
品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

具体的には、次のような行為を行っているサイトは品質に関するガイドラインの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

  • 他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト
  • 他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
  • 何らかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト
  • ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト

無断複製されたコンテンツ – Search Console ヘルプより引用

また、一部の場合を除き、許可なしに他人のコンテンツを無断複製する行為は著作権法に抵触する可能性があります。

付加価値のないアフィリエイトサイト

アフィリエイトサイトを上位表示させるには、そのアフィリエイトサイトが検索ユーザーに役立つページでなければなりません。
独自性がなく、ユーザーに付加価値を与えないアフィリエイトサイトを作成する行為は、品質に関するガイドラインへの違反にあたります。

例えば、商品に関する情報を商品の販売元からコピーし、独自のコンテンツを加えていないページなどは「付加価値のないアフィリエイトサイト」と見なされます。

アフィリエイトサイトを上位表示させるためには、ほかのサイトとの差別化を図る必要があります。
独自のコンテンツがないアフィリエイトサイトはほかの高品質なページに埋もれてしまうため、上位表示は困難です。

ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み

ページのコンテンツのキーワード含有率を高めるため、ページのコンテンツに関係のないキーワードを詰め込む行為は、品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

Googleは、このWebスパム行為の例として、市町村名や都道府県名をページ内に羅列したり、同じ単語や語句を不自然なほどに繰り返す行為などを挙げています。
同じ単語や語句を不自然なほどに繰り返す文章とは、具体的に次のような文章のことです。

SEO(検索エンジン)はホワイトハットSEOとブラックハットSEOというSEOに分類されます。ホワイトハットSEOSEOは、上位表示できるSEOと言われるSEOです。

昔は、このキーワードの詰め込みには一定の効果がありましたが、現在、検索エンジンは、検索結果での順位決定の際にこのキーワード含有率をあまり考慮しておらず、このブラックハットSEOによって得られる効果自体に意味がなくなってきています。

悪意のある動作を伴うページの作成

悪意のある動作を伴うページは、検索結果の表示対象から除外されます。
これは、Googleで検索するユーザーを守るためのものです。

悪意のある動作を伴うページとは、具体的に次のような動作を伴うページを指します。

  • ページ上のコンテンツの位置を変えたり操作することで、ユーザーが特定のリンクやボタンをクリックしていると認識していても、実際にはページの別の部分をクリックしたことになるようにすること
  • ページに新しい広告やポップアップを挿入する、ページ上の既存の広告を別のものに置き換える、またはそのような動作をするソフトウェアを宣伝またはインストールすること
  • ユーザーがダウンロードをリクエストしたときに意図しないファイルもダウンロード対象に含めること
  • ユーザーのパソコンにマルウェア、トロイの木馬、スパイウェア、広告、ウイルスをインストールすること
  • ユーザーに知らせて同意を得ることなくユーザーのブラウザのホームページや検索設定を変えること

悪意のある動作を伴うページの作成 – Search Console ヘルプより引用

このような悪意のある動作を伴うページが存在すると、そのページのドメインがペナルティを受け、ドメイン上のすべてのページが検索結果の表示対象から除外されることがあります。
なお、このペナルティは、ペナルティを受ける原因となったページを修正することで解除できます。

リッチスニペットマークアップの悪用

リッチスニペットマークアップを乱用する行為は、品質に関するガイドラインへの違反にあたり、ブラックハットSEOとみなされます。

リッチスペニットを使用しているサイトはたくさんあります。
例えば、クックパットが検索結果に表示されると、料理の画像がスニペットに表示されます。価格.comが検索結果に表示されると、星の評価がスペニットに表示されます。
これらはすべて、リッチスペニットマークアップによって表示されているものです。

ですが、リッチスペニットが検索結果で表示されるようになったときから、リッチスペニットマークアップを悪用して検索結果で自分のページを目立たせようとするものが現れました。
そのため、このリッチスペニットマークアップを悪用する行為は、品質に関するガイドラインで禁止されました。

Googleへの自動化されたクエリの送信

Googleに対して、プログラムなどを使って自動化されたクエリを送信する行為は、品質に関するガイドラインで禁止されています。
厳密には、ページの品質とは関係ありませんが、Googleへ自動化されたクエリを送信する行為は行わないようにしましょう。

また、このような行為はGoogle 利用規約で禁じられています。

まとめ

ここで紹介した手法は、数年前では効果がありました。

ですが、検索エンジンはこういったスパムに対しさまざまな策を講じてきたため、最近ではこういったスパムは通用しなくなっています。

また、スパムを行っていたことが発覚した場合、検索結果にページが表示されなくなるスパムを受けることもあります。

ですから、こういったSEOを行うのではなく、ホワイトハットSEOやコンテンツSEOを行うことに時間をかけることをおすすめします。

関連項目