長文SEOはやめましょう

とにかく長文を書かないと上位表示できない」――これは、SEO初心者が陥りがちな重大な間違いです。

もし、上位表示のために長文記事を書こうとしているのであれば、それはいますぐやめるべきです。

ここでは、長文SEOがなぜ間違っているのか、「本当に効果のある」長文SEOとは何であるのかについて解説します。

長文SEOについて

長文SEOとは、長い記事をつくるSEOのことです。

長文SEOには「評価されるパターン」と「評価されないパターン」があります。

「コンテンツSEOが必要である」ということは論争の余地がないものであり、SEO界の常識でもあります。
また、上位表示されている記事には長文が多いのも事実です。

しかし、「長文記事が上位表示されている」→「長文記事はSEOに強い」→「長文記事を書こう」という考え方は非常に危険です。
なぜなら、長文記事がなぜ上位表示されているのかを理解していないからです。

「なぜ長文記事が上位表示されているのか」を理解しないまま長文記事を量産するのは避けなければなりません。

長文が求められないことも……

また、長文が求められない場合もあります。
例えば、「SEO ツール」というキーワードで検索したときは、GoogleはユーザーがSEOに関連するツールを探しているということを察知します。
この際、長文でなくても上位表示されるでしょう。

長文が高品質であるとは限らない

「長文記事」が必ずしも高品質であるとは限りません。

「ある事柄について順序立てて事細かに解説している」長文記事は評価されます。
なぜなら、これはなるべくしてなった長文だからです。

ですが、「1万文字を超えるために、直接は無関係な話題を取り入れたり、用語解説を無駄に長くしたりした」長文記事は評価されません。
なぜなら、「ただ長いことだけが取り柄のメタボ記事」であるからです。

1000文字と2000文字で全く同じことを伝えている記事があるとしたら、1000文字の記事のほうが高品質であるとGoogleは認識するでしょう。

不必要な長文は、読者に対して必要以上の負担をかけます。

文字数を稼ぐために話の軸をブラしまくっているような長文は誰にも読まれません。
最初はコンテンツSEOについて解説したのに、いきなり話の軸がホワイトハットSEOにぶれ、しまいにはブラックハットSEOについての解説を始めるようなページを一体誰が読むのでしょうか。

記事を読むのは検索エンジンではない

記事を読むのは検索エンジンではなく、人間です。

書いた記事は公開する前に自分で読み、読みやすいか、冗長な表現はないかなどを確認しましょう。
そして、不要な記述や冗長な表現などはなるべく削るようにしましょう。

検索エンジンの能力は大幅に向上しています。
ですから、「検索エンジン」のためだけの施策を行うのではなく、サイトの利用者目線で施策を行っていくべきなのかもしれません。

必要最低限の文字数

とは言え、内容が全くなくては誰にも相手にされません。ある程度の文字数は必要です。

個人的には、800文字は必要なのではないかと考えます。あくまで個人的な見解です。

というのは、この程度の文字数がないと、内容が一般的な解説にとどまってしまうからです。

「文字数はSEOに効果なしなのか!」と考えて300文字前後のペラコンテンツをどんどん量産していく……というのも間違っています。

今回の記事は、あくまで「必要以上に記事を長くするな」ということであって、「とにかく文字数を削れ」ということではありません。

まとめ

  • SEOのためだけに文字数を無理やり増やさない
  • 文字数を削ったりして読みやすくすることも重要
  • だからといってペラコンテンツを量産しない

要は、記事を読むのは人間なのだから、上位表示目的の記事ではなく読まれるための記事を書けということです。

ユーザーにとってちょうど良い量のコンテンツがあればそれで良いのです。SEOに正解はありません。