リファラースパム対策の手順

サイトを運営している方のほとんどは、サイトのPVを調べたりサイトを改善したりするためにGoogle Analyticsなどのアクセス解析ツールを使っていると思います。

悪意のある者がこれを利用して「リファラースパム」を行うことがあります。

リファラーとリファラースパムについて

「リファラー」とは、ほかのサイトからリンクをたどったことによるアクセス流入のことです。

例えば、ユーザーが「example.com」のリンクから「example.net」へ移動したときは、「example.net」のアクセス解析に「example.com」からのリファラーが記録されます。

そして、このリファラーの記録を悪用したスパムのことをリファラースパムといいます。

リファラースパムの手法

リファラーによる自分のサイトへのアクセス流入を見つけた際は、そのサイトへのリンクがどのような場所に掲載されているのか気になり、リファラー元のサイトにアクセスして確認するでしょう。
リファラースパムでは、これを利用して宣伝ページなどにユーザーを誘導します。

対策

Google Analytics

まず、Google Analyticsでリファラースパムを防ぐ方法について解説します。

Ptengineについてはこの次の項で解説しているので、Ptengineのリファラースパム対策を知りたい方はこの項を飛ばしてお読みください。

Google Analyticsにアクセスし、「ビュー」の欄の「ビュー設定」をクリックします。

「ボットのフィルタリング」の「既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します」のチェックボックスをオンにし、「保存」をクリックします。以上で設定は完了です。

ただし、これだけでは完全にリファラースパムを防ぐことはできません。

なぜなら、Googleからまだリファラースパムのドメインであると認定されていないドメインからのリファラースパムは記録されてしまうからです。

完全にリファラースパムを防ぐにはリファラースパムのドメインを一つひとつブロックしていくという方法もありますが、あまりおすすめはしません。

世の中にはたくさんのリファラースパムのドメインが存在し、それを一つずつ手作業でブロックしていくのは現実的ではないでしょう。

リファラースパムのドメインは随時スパム認定されていくので、あまりリファラースパムに関しては神経質にならないようにし、サイトのコンテンツを充実させることに時間を費やすべきです。

Ptengine

Ptengineはアナリティクスとは異なり、すでに記録されたアクセス解析の結果にフィルターをかけることができます。ただし、特定のドメインからの参照は記録しないなどの設定はできません。

  1. Ptengineのレポートページにアクセスし、ログインが必要な場合はログインする。
  2. ログイン後の画面に表示される「フィルター」タブをクリックし、「フィルター一覧」の右側に表示されている「追加」ボタンをクリックする。
  3. フィルターの名称を設定し(「リファラースパム」「スパム除外」など)、「参照元のホスト名」をクリックする。
  4. 「含む」のラジオボタンをクリックし、リファラースパムであると考えられるホストの左側にあるチェックボックスをオンにする。
  5. すべての設定が終了したら、「確定」ボタンをクリックする。
  6. その後に表示される「保存」ボタンをクリックする。
  7. そして、先ほど作成したフィルターの名称を選択し、「実行」ボタンをクリックすれば、リファラースパムを除外したアクセス解析の情報が表示される。

Ptengineは、一度記録されてしまったリファラースパムを記録後に取り除くことができますが、リファラースパムをわざわざ手動で取り除かなければなりません。

リファラースパムか調べる

リファラースパムかどうかを断定できないときは、aguseを使いましょう。

aguseを使うと、実際にそのサイトにアクセスする前にそのサイトがどんなサイトなのかを知ることができます。

  1. aguseにアクセスします。
  2. URLの入力画面が表示されるので、そこに調べたいURLを入力します。
  3. 調べたサイトの情報が表示される。右上に「<外部にリダイレクトされています>」と表示された場合は、他のページにリダイレクトされています。

「<外部にリダイレクトされています>」と表示された場合、リダイレクトされているページでリンク経由のアクセスが発生することはあり得ないため、ほぼ100%リファラースパムです。

また、aguse.GATEWAYを使用することで、aguseのサーバーを介してサイトに間接的にアクセスすることができます。