Forchive

reCAPTCHAとは

reCAPTCHAは、ユーザーが人間であることを確認するためのシステムです。主にウェブサイトをボットから保護するために使用されます。現在、世界中のウェブサイト上で1日に1億回以上表示されています。

Luis von Ahn、Ben Maurer、Colin McMillen、David Abraham、Manuel Blumにより共同開発され、2009年9月、Googleに買収されました。

著作権侵害の異議申し立てを行う手順

著作権侵害の申し立てを受けた場合、著作権侵害の申し立てに対する異議申し立てを提出することができます。心当たりのない申し立てを受けたときは、申し立てに対する異議申し立てを行いましょう。

ここでは、異議申し立てが認められるケースと、異議申し立てを提出する際の手順を解説します。

フェアユースとは

他人の著作物を自分のウェブサイトに転載した場合、著作権侵害に問われることがあります。ただし、フェアユース(fair useに該当する場合は著作権侵害となりません。

ここでは、フェアユースとは何か、フェアユースが認められるケースと認められないケースをご紹介します。

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートは、ウェブマスター向けガイドラインに違反する対策を行っているサイトを検索結果から除去するためのアップデートの総称です。

今回は、このペンギンアップデートについてじっくり解説します。

パンダアップデートとは

パンダアップデートは、低品質なページの順位を下げるGoogleのアップデートの総称です。これまでに5度実施されてきました。

ここでは、パンダアップデートの概要と、パンダアップデートに捕捉されたときにパンダアップデートから復活するための手順を紹介します。

URL 削除ツールの使い方

URL 削除ツールは、Googleの検索結果から自分のサイトを削除するツールです。このツールを使うことで、Googleの検索結果から自分のサイトを削除することができます。

ここでは、URL 削除ツールの使い方とURL 削除ツールを使う際の注意点について解説します。

著作権侵害の申し立てを行う手順

あなたが運営しているサイトの内容が無断転載されたときは、著作権侵害の申し立てを行いましょう。

著作権侵害の申し立てを行うことで、Googleの検索結果から無断転載を行っているサイトを削除することができます。

無断転載された場合、最悪の場合はGoogleから「あなたのサイトがコピーサイトである」とみなされる可能性もありますので、申し立ては必ず行うようにしましょう。

Google八分とは

Google八分は、ページがGoogleの検索結果に表示されなくなる現象です。「Censorship by Google」あるいは「Google Censorship」と呼ばれます。

ここでは、Google八分の概要と、Google八分を受けた際の対処法を解説します。

ブラックハットSEOの手法

ここでは、Googleが品質に関するガイドラインで禁止しているブラックハットSEOの手法について解説します。

ブラックハットSEOの取り締まりは年々強化されていますので、新しくサイトを作ろうとお考えのウェブマスターの方はこういったSEOを行わないようにすることをおすすめします。

SEOのよくある間違い

SEOに関して、ネット上には間違った情報がかなり蔓延していますので、そのような情報に惑わされないよう注意が必要です。

ここでは、SEO初心者にありがちな間違いを紹介します。SEOについて学習し始めた方は必ず目を通しておいてください。

ソフト404への対処法

ソフト404は、本来はページが存在しないのに「ページがありました」という内容のレスポンスを返している状態を指します。

ここでは、ソフト404の概要と、ソフト404への対処法を解説します。

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOは、検索エンジンを欺いて無理やり上位表示させるSEOです。

具体的には、本来であればあまり評価されないページを、検索エンジンのアルゴリズムの穴を突いて無理やり上位表示させるSEOのことです。

対して、検索エンジンが推奨しているSEOのことを「ホワイトハットSEO」といいます。

内部SEOとは

内部SEOとは、検索エンジンからページをより高く評価してもらうためにウェブサイトの構造などを最適化するSEOのことです。内部SEOは、検索エンジンからページを正しく評価してもらうために行います。

この「内部SEO」というものについて、詳しく見ていきましょう。

自動ペナルティを解除する手順

スパムに当たる施策を行った覚えはないのに自分のサイトが自動ペナルティを受けたとき、どうすれば順位は回復するのでしょうか。

ここでは、自動ペナルティを受けたときの対処法を解説します。

長文SEOはやめましょう

とにかく長文を書かないと上位表示できない」――これは、SEO初心者が陥りがちな重大な間違いです。

もし、上位表示のために長文記事を書こうとしているのであれば、それはいますぐやめるべきです。

ここでは、長文SEOがなぜ間違っているのか、「本当に効果のある」長文SEOとは何であるのかについて解説します。

セマンティックWebとは

セマンティックWebは、Webの情報をコンピュータが理解しやすいよう、Webの情報にメタ情報を付与し、ウェブの利便性を高めようとするW3Cのプロジェクトです。

ブラックハットSEOの危険性

検索エンジンの裏をかく施策であるブラックハットSEOは、少し前までは上位表示のために必要な行為でした。

しかし、検索エンジンが発達していくにつれ、ブラックハットSEOはあまり通用しなくなりました。ブラックハットSEOは、現在では危険な対策であると考えられています。

では、ブラックハットSEOはどういった点が危険なのでしょうか。

SEOとは

SEO(検索エンジン最適化)は、検索結果でページをより上位に表示させるための施策です。
「Search Engine Optimization」の略で、「サーチエンジン最適化」などとも呼ばれます。

よく検索されているキーワードで上位表示されればサイトへのアクセスが急増するため、さまざまな個人・企業がSEOを行っています。

WordPressページを0.5秒で高速表示させた実際の手順

Googleはページの表示速度を検索の順位決定の要因の一つとすることを発表しました。そこで、このブログ「Forchive」でも、実際にページの表示速度を改善すべく、WordPress上でさまざまな施策を行いました。

当ブログではさまざまな施策を講じましたが、中でも、ある2つの施策を行ったことで、ページをおよそ0.5秒で表示させることができました。今回は、実際に当ブログ「Forchive」が行った、ページを0.5秒で表示させた手順を紹介します。

被リンクの集め方

検索結果で上位表示されるには被リンクが不可欠ですが、だからと言って無料ブログなどから大量に自作自演の被リンクを送ると、高確率でペナルティを受けて検索結果から削除されます。

そもそもGoogleは、このような自作自演のリンクを評価しておらず、Googleは自発的に張られたリンクのみを評価しています。このようなリンクを「ナチュラルリンク」といいます。

WordPressのスパムコメント対策

ブログを運営していると、ブログに頻繁にスパムコメントが投稿されるようになります。そのコメントスパムの中には、いたずら目的で投稿されたコメントや、不正に被リンクを獲得することを目的としたコメントなどがあります。また、中には、検索エンジンからスパム判定されてしまうようなコメントもあります。

無料ブログの危険性

ブログは基本的にお金をかけて運営するものですが、無料でブログを運営できるサービスもあります。

「ブログにお金を掛けたくないから」と無料ブログを使う人も多くいますが、将来的に見て、無料ブログを使うと後で確実に後悔することになるでしょう。そのため、必ず独自ドメインとサーバーを使うようにしましょう。では、なぜ無料ブログを使うと後で後悔することになるのでしょうか。

Fetch as Googleの使い方

新しく作成したページがGoogleのインデックスに登録されるまでは時間がかかります。長く運営してきた、Googleからの信頼のあるサイトであれば数十分でインデックスされることがほとんどですが、まだ初めて間もないサイトではインデックスが後回しにされるため、新しいページがGoogleのインデックスに登録されるまで数時間から数日かかることがほとんどです。インデックスされるまでにこのような長い時間がかかってしまえば、特に速報記事などでは確実に他の競合サイトに先を越されてしまうでしょう。

オールドドメインは逆効果

オールドドメインからリンクを送って検索上位へ表示させようとしているすべてのサイト運営の方へ。オールドドメインからリンクを送る行為は効果がありません。むしろ逆効果です。

コンテンツSEOで挫折しない方法

コンテンツSEOは、検索エンジンで上位表示するための王道的な方法で、その名の通り、検索者のために役に立つコンテンツを量産するというものです。このSEO対策を実施すれば検索エンジンから評価され、上位表示による大きなアクセスが見込めるのですが、コンテンツを量産するという労力を要する方法であることから、コンテンツの作成を続けられず、挫折してしまう人もいます。

そこで今回は、コンテンツSEOで挫折しないため、コンテンツSEOを継続できない人の共通点とコンテンツSEOを継続させるための方法について書きたいと思います。

レンタルサーバーの選び方

サイトやブログを運営するには、サーバーが必要です。

サーバーとは、Webページをユーザーに返すコンピュータのことで、サーバーがないと、サイトやブログを運営することはできません。

ほとんどの方はサイトやブログを運営するためにレンタルサーバーを使います。レンタルサーバーを提供する会社は無数にあり、月額100円で使えるサーバーから、月額数万円かかるサーバーまで、ピンキリです。ですが、安いという理由で格安のレンタルサーバーを選ぶと、後で必ず後悔することになります。

今回は、レンタルサーバーの選び方について書きます。

404ページの作り方

サイトを巡回していると、たまにそのページが存在しないことを示す404ページが表示されることがあります。

この404ページを表示させてしまっているサイトは非常に損をしています。なぜなら、せっかくアクセスがあったのにユーザーにページを見せることができず、機会の損失となっているからです。

最初からこのような404ページを表示させないようにサイトを管理すれば問題ないのですが、万一に備え、ユーザーに対して404ページで明確なメッセージを示すようにすることをおすすめします。

また、大規模サイトであれば、404ページのせいで無駄にクロールパジェットを消費しないようにするためにも、404ページは大切です。

404ページの作成は全体的に見て疎かにされている傾向があります。そこで、損失を最小限に抑え、SEOで損をしないための404ページの作り方を紹介します。

ブログのアクセスを増やすには

ブログによっては、全くアクセスを集めることができないブログもある。もしかしたら、あなたのブログもそうなのかもしれない。それには、ある簡単な理由がある。しかし、それを理解できていない人が多いのが現状だ。そこで、今回は、さまざまな人に読まれるブログと誰からも読まれないブログの違いはいったい何なのか、そして、アクセスの集まらないブログでアクセスを集めていくにはどうすればよいのかを解説したいと思う。これからブログを運営するためには必須ともいえる知識なので、ぜひ最後まで読んでいただきたいと思う。

リファラースパム対策の手順

サイトを運営している方のほとんどは、サイトのPVを調べたりサイトを改善したりするためにGoogle Analyticsなどのアクセス解析ツールを使っていると思います。

悪意のある者がこれを利用して「リファラースパム」を行うことがあります。

Javaのオブジェクト指向の本質とは

オブジェクト指向プログラミング言語とは、継承や多態化などの便利な要素が使えるプログラミング言語のことだ。正しく理解し、使用すればオブジェクト指向プログラミングはとても便利なものなのだが、オブジェクト指向のプログラミング言語に入門している人の中にはこのオブジェクト指向を理解する段階で挫折してしまう人もいるようだ。もしかしたら、あなたもそうかもしれない。それはほとんどの場合、オブジェクト指向プログラミングの本質を理解できていないからだ。オブジェクト指向プログラミングの本質を理解すれば、自然とオブジェクト指向のプログラミング言語も理解できるようになる。そこで今回は、Javaのオブジェクト指向の本質について書きたいと思う。

AdMaxの収益を上げる方法

AdMaxは、サムライファクトリーが提供している広告配信サービスです。AdMaxには表示されただけで収益が発生する種類の広告があるため、ウェブマスターの間で人気となっています。

AdMaxにはいろいろな設定があります。その設定によれば、収益が大幅に増加したり、逆に大幅に減少したりしてしまうこともあります。そこで、今回はAdMaxの収益を最大化するために注意すべきことを書きます。

SSL証明書の種類

GoogleはHTTPS接続を使用しているサイトをHTTP接続を使用しているサイトよりも高く評価すると宣言しました。サイトをHTTPS化をすることで、上位表示への手助けとすることができます。

また、HTTPS接続を使用していないサイトでは、ページが改ざんされてしまうおそれがあります。個人情報や機密情報を扱うサイトでは、HTTPS化は必須です。

ここでは、SSL証明書の選び方を解説します。

内部SEOの一覧

内部SEOは、ページやウェブサイトを最適化するSEOの施策です。内部SEOは、クローラーにページの情報を正しくくみ取ってもらうために必要です。

ここでは、内部SEOの一般的な手法を紹介します。

WordPressのプラグインおすすめ10選

WordPressには、便利なプラグインがいくつも存在します。ですが、プラグインを大量に使用すると、WordPressのパフォーマンスに悪影響を及ぼすことがあります。そこで、今回は、絶対に導入しておくべき10のプラグインを厳選して紹介します。

WordPressの高速化

Googleは、サイトの表示速度を順位の決定要因の一つとすることを発表しました。これからも上位表示され続けるには、サイトを速く表示する必要があります。また、サイトの表示速度を上げることはユーザーエクスペリエンスの向上にもつながるので、サイトの表示速度を上げることはもはや必須です。

WordPressの初期設定

WordPressは非常に使いやすいCMSですが、運営するには多少の専門的な知識が必要で、WordPressの設定の段階で挫折してしまう人もいるようです。そこで、今回はWordPressを使い始めた際にすることについて書きたいと思います。

クリック率を上げる5の手順

世の中には、せっかく情報量が豊富で人々の役に立つページであるのに、検索結果の上位に表示されてもクリックされないもったいないWebページが存在します。このようなWebページが存在することを踏まえ、今回は、検索結果からのクリック率を極限まで上げる方法を書きたいと思います。この方法は、いくつかの点を心がけるだけなので、ぜひ最後まで読んでください。

SEO対策の王道とは

あなたのサイトは、どんな対策を行っても検索されず、それどころか逆効果の対策でGoogleからの評価に悪影響を及ぼしてしまい、いつまでたっても検索流入がなく、どうしようもないような状況に陥ってしまっていないでしょうか。それは、あなたがGoogleが好まないSEO対策を行っているからです。

100万PVを半年で達成したブログのSEO対策

あなたはバズ部というサイトをご存知ですか。バズ部とは、五か月で月間100万PVを獲得したブログです。1から始めたブログサイトが、なぜたったの五か月で月間100万PVを達成することができたのでしょうか。それは、バズ部ではほかのブログとは少し違う運営を行っているからです。今回は、五か月で月間100万PVを達成したバズ部に学んで、アクセスアップの手法について書きたいと思います。

Javaの開発環境の構築方法

ここでは、Javaの開発を始めるための環境の構築方法を解説します。今回は直観的な操作ができるEclipseの導入方法を掲載します。

AdMaxとAdsenseを比較

これまでは、Adsenseが主流なクリック保証型広告のサービスであり、「Adsenseが消滅したらクリック保証型広告の掲載はほぼ不可能」とまで言われたほどでした。しかし、Adsenseは規約が厳しいため、いきなりアカウントが停止されるようなこともありました。

HTMLを最適化する

HTMLを最適化することは、SEOの観点から重要です。ここでは、一般的に行われているHTMLの最適化について取り扱います。

コンテンツSEOの必要性

上位表示のためにはコンテンツSEOが必要だと言われていますが、本当にコンテンツSEOは必要なのでしょうか。

結論から言うと、コンテンツSEOは必要です。今回は、なぜコンテンツSEOが必要なのかを解説します。