著作権侵害の申し立てを行う手順

あなたが運営しているサイトの内容が無断転載されたときは、著作権侵害の申し立てを行いましょう。

著作権侵害の申し立てを行うことで、Googleの検索結果から無断転載を行っているサイトを削除することができます。

無断転載された場合、最悪の場合はGoogleから「あなたのサイトがコピーサイトである」とみなされる可能性もありますので、申し立ては必ず行うようにしましょう。

DMCAについて

Googleは米国にありますので、米国の法律であるDMCAデジタルミレニアム著作権法)に基づいた申し立てを行う必要があります。申し立てを行う前にDMCAについての基礎知識を習得しておくことをおすすめします。

申し立てを行う際の注意点

申し立てを悪用しない

この申し立てを悪用しないでください。この申し立てに虚偽の記載を行った場合、損害賠償責任を課されることがあります。また、本当に自分の著作物を侵害しているかどうか確信が持てない場合は、申し立てを行うべきではありません。

誤った記載をしない

誤って「当該著作物が許可を受けて掲載されている場所」に無断転載をしているサイトのURLを記入し、「権利を侵害している著作物の場所」に自分のサイトのURLを記入してしまうという例が後を絶ちません。

こういった誤った申請を行った場合、あなたのサイトがGoogle八分されてしまうことになります。また、偽証罪に問われるおそれもあります

申し立てを送信する前に、正しく記入しているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

氏名は公開される

申し立ての内容はLumenに公開されます。その際、氏名は公開されます。氏名を公開しないようにする方法はありません。ご注意ください。

なお、申し立てを撤回することで、Lumenなどに掲載されている申し立てを削除できる可能性はあります。

記載すべき事項

  • 氏名 (*)
  • 会社名
  • 著作権の保有者 (*)
  • メールアドレスまたは住所 (*)
  • 国もしくは地域 (*)
  • 著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明 (*)
  • 当該著作物が許可を受けて掲載されている場所
  • 権利を侵害している著作物の場所 (*)
  • 宣誓供述 (*)
  • 署名日 (*)
  • 署名 (*)

著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明

著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明には、申し立てを行う著作物についての説明を記入します。

以下に簡単な記入例を紹介します。

  • ウェブ: 下のURLで閲覧できるコンテンツ「●●●」が下のウェブサイトに無断で転載されています。
  • 書籍: 私がXXXX年に出版した書籍『●●●』(ISBN: XXX-X-XXXX-XXXX-X)が下のウェブサイトに無断で掲載されています。
  • 動画: 私が動画共有サイト「(YouTube/ニコニコ動画/etc…)」に投稿したコンテンツ「●●●」が下のウェブサイトに無断で転載されています。
  • 楽曲: 私がXXXX年にリリースした楽曲「●●●」が下のウェブサイトに無断で掲載されています。

当該著作物が許可を受けて掲載されている場所

当該著作物が許可を受けて掲載されている場所には、あなたのウェブサイトのURLを記入します。

申し立てを行うコンテンツをウェブ上に公開していない場合は、何も記入しません。

権利を侵害している著作物の場所

権利を侵害している著作物の場所には、無断転載を行っているウェブサイトのURLを記入します。

あなたのサイトのコンテンツを丸パクリしている場合は、そのサイトのすべてのURLを一行ずつ記入します。

申し立ての方法

申し立てを送信するのにはいくつかの方法があります。フォームで送信した場合は最も早く申し立てが受理されるため、特別な理由がない限り、フォームによる申し立てを行うことをおすすめします。

フォームを使用する

  1. Googleの申し立てフォームを開きます。
  2. 名前(名)にあなたの名前を記入します。
  3. 名前(姓)にあなたの姓を記入します。
  4. 会社名に会社名を記入します(会社として申し立てを行う場合)。
  5. 自分が代理を務める著作権所有者で「本人」を選択します。
    代理人として申し立てを行う際は、「自分が代理を務める著作権所有者を追加」をクリックし、追加の情報を入力します。
  6. メール アドレスにあなたのメールアドレスを入力します。
  7. 国/地域で「日本」を選択します。
  8. 著作権対象物を特定する情報とその著作物の説明を記入します(上記参照)。
  9. 当該著作物が許可を受けて掲載されている場所を記入します(上記参照)。
  10. 権利を侵害している著作物の場所を記入します(上記参照)。
  11. 宣誓供述書の内容を熟読したうえで、チェックボックスをオンにします。
  12. 署名日を記入します(MM/DD/YYYY)。
  13. 署名を記入します。
  14. 私はロボットではありませんをクリックします。
  15. 送信をクリックし、申し立てを送信します。

メールを送信する

前項の「記載すべき事項」に従って申し立てを記述します。

  • 宣誓供述として、Googleの申し立てフォームの「宣誓供述書」の節に書かれている「私は、上記の……」「本通知に記載されている……」「法的な通知はすべて……」から始まる3つの段落をコピー&ペーストします。
  • 署名として、氏名を記入します。電子署名を使用することもできます。

通知を郵送またはFaxで送信する

上記の方法のほか、Googleに申し立てを郵送したり、Faxを送信したりすることもできます。

「記載すべき事項」の節に書かれている内容に加えて、宣誓供述をフォームからコピー&ペーストし、住所を記載します。

申し立ての送信後

申し立てを行った場合、Googleは著作権侵害が実際に発生しているかどうかを検討します。

審議が完了すると、メールで処遇が通知されます。

申し立てが承認された場合

申し立てが承認された場合、対象のURLは検索結果から削除されます。

申し立てが拒否された場合

申し立てが拒否された場合、特に対処は行われません。当該サイトの管理者と直接協議しましょう。

申し立ての拒否に納得がいかない場合、申し立てを再送信することもできますが、「申し立てを乱用している」とみなされることがあるため、推奨されていません。

なお、サイトの運営側に少額訴訟を起こすという方法もあります。

追加の情報を求められた場合

申し立ての際に送信した情報が不十分であった場合、追加の情報を求められる場合があります。追加の情報を求めるメールが届いた場合は、なるべく迅速に求められた情報を送信してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です