Javaのオブジェクト指向の本質とは

オブジェクト指向プログラミング言語とは、継承や多態化などの便利な要素が使えるプログラミング言語のことだ。正しく理解し、使用すればオブジェクト指向プログラミングはとても便利なものなのだが、オブジェクト指向のプログラミング言語に入門している人の中にはこのオブジェクト指向を理解する段階で挫折してしまう人もいるようだ。もしかしたら、あなたもそうかもしれない。それはほとんどの場合、オブジェクト指向プログラミングの本質を理解できていないからだ。オブジェクト指向プログラミングの本質を理解すれば、自然とオブジェクト指向のプログラミング言語も理解できるようになる。そこで今回は、Javaのオブジェクト指向の本質について書きたいと思う。

“Javaのオブジェクト指向の本質とは”の続きを読む