404ページの作り方

サイトを巡回していると、たまにそのページが存在しないことを示す404ページが表示されることがあります。

この404ページを表示させてしまっているサイトは非常に損をしています。なぜなら、せっかくアクセスがあったのにユーザーにページを見せることができず、機会の損失となっているからです。

最初からこのような404ページを表示させないようにサイトを管理すれば問題ないのですが、万一に備え、ユーザーに対して404ページで明確なメッセージを示すようにすることをおすすめします。

また、大規模サイトであれば、404ページのせいで無駄にクロールパジェットを消費しないようにするためにも、404ページは大切です。

404ページの作成は全体的に見て疎かにされている傾向があります。そこで、損失を最小限に抑え、SEOで損をしないための404ページの作り方を紹介します。

404ページがなかったら

404ページは、ユーザーに対してわかりやすい情報を提供するために設置します。

例えば、ページにアクセスした際に「The requested URL / was not found on this server.」などという英文が表示されたら、ユーザーはどう思うでしょうか。インターネットに精通した人であればともかく、初心者がこのような英文のエラーメッセージを見た場合、デバイスが壊れてしまったのだろうかと勘違いしてしまうかもしれません。

従来の404ページ

最近の404ページは、ユーザーにページが存在しないということを伝えることよりもページの見栄えの方が優先され、ユーザーにアクセスしたページがどのような状態であるのかについての説明が省かれていることが多いように感じられます。

このような404ページは、中級者や上級者がアクセスした場合には問題ないのですが、まだインターネットに不慣れな初心者がアクセスした場合にはそのページがどのような状態であるのか理解できないかもしれません。

また、このような404ページが表示された場合、そのページにはその他のページに移動するためのリンクが設置されていないため、ユーザーは「このページはなくなったのか」と考え、すぐに前のページに戻ってしまうでしょう。

せっかく検索結果からアクセスされたのに、ページが存在していないためにユーザーにそのページを見せられず、すぐに帰ってしまうことはもったいないです。

なお、「トップページに戻る」というリンクを設置しているケースもありますが、ユーザーがわざわざトップページに戻ってかわりのページを探すでしょうか。

なお、大手ウェブサイトなどもデザイン優先の404ページを使用したり、短いメッセージを使用したりしています。また、一部のサイトは、404となった場合にトップページにリダイレクトするなど、不適切な処理を行っています。

 最適化された404ページ

404ページはデザインよりも情報を優先し、ユーザーのことを第一に考えるようにしましょう。

ユーザーに他の記事を読んでもらうことができ、かつクロールパジェットを無駄に消費しないための仕組みがあるページを作りましょう。

例えば、このブログでは、404ページではそのページが存在しないことを明確に文章で示し、「404 Not Found」や「見つかりません」などの漠然としたタイトルは使用しないようにしています。また、404ページがクロールされることにより無駄にクロールパジェットを消費しないようにするために、その他の記事へのリンクも設置しています。

このほかの記事へのリンクを設置することで、検索エンジンが404ページに訪れた場合でもそこのリンクからほかのページをクロールすることができるため、クロールパジェットを無駄に消費しないようになっています。

また、ページが存在しないことを明確に文章で示しているページは、インターネット初心者に対しても容易に理解してもらうことができます。そして、404ページのリンクから別のページを読んでもらうこともできます。そのため、このような404ページを作成することはSEOの面でもユーザーの利便性の面でも、滞在時間の向上の面においても重要です。

まとめ

まだユーザーに対して明確なメッセージを示すことができないページを使用しているサイトも多くありますが、そのようなサイトは404ページの効果を十分に生かせていません。

この記事を読んでくださっている皆様は、ぜひユーザーに対して明確なメッセージを残し、ほかのページを見て行ってもらえる404ページを作ることをおすすめします。

もちろん、404ページが表示されないようにすることが重要であるということは忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です