AdMaxとAdsenseを比較

これまでは、Adsenseが主流なクリック保証型広告のサービスであり、「Adsenseが消滅したらクリック保証型広告の掲載はほぼ不可能」とまで言われたほどでした。しかし、Adsenseは規約が厳しいため、いきなりアカウントが停止されるようなこともありました。

そのような中、AdMaxが登場しました。AdMaxは審査がなく、最短4分で広告の掲載を始められることを売りにしています。

そこで、今回はAdMaxとAdsenseを徹底的に比較します。今までGoogle Adsenseを使ってきた方も、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

AdMax

まず、AdMaxの利点・欠点を見ていきましょう。

AdMaxの利点

AdMaxを使用することの利点としては、次のようなものが挙げられます。

AdMaxは審査なし

AdMaxは、審査が実質不要で、すぐに広告掲載を始めることができます。AdMaxは最短4分で広告の掲載を始められ、簡単に広告の掲載を開始することができます。そのため、ほかの広告サービスでは類を見ないほど速く広告の掲載を始めることができます。

AdMaxには表示保証型広告がある

また、Adsenseはクリックした時点で収益となるクリック保証型広告しかないのに対して、AdMaxには表示されるだけで収益が発生する表示保証型広告があります。クリックされなくても表示されるだけで収益が保証されることが、ネット上で話題になっています。

AdMaxの収益は500円から払い出し可能

さらに、Adsenseは最低の払い出し金額がおよそ10000円であるところが、AdMaxではたったの500円から払い出しを行うことができるため、早いうちから収益を生み出すことができます。そのため、早く収益がほしい方にとっては便利です。

AdMaxは複数のサービスと提携

そして、AdMaxは複数の広告会社と提携を結んでおり、常に一番報酬の高い広告が自動的に選択されて掲載したサイトやブログに表示されるため、常に高い収益を生み出すことができます。

さらに、提携先にはAdsenseが含まれており、AdMaxの広告をサイトに掲載しているとAdsenseの広告が表示されることもあります。

AdMaxはBANされにくい

また、AdMaxはAdsenseと比べ、規約による広告配信の停止の事例が少なく、いきなりアカウントが停止になるということもめったにないため、安定な収入源として使用できます。

AdMaxは表示する広告が自動で選択される

そして、AdMaxの中で最大のメリットともいえる機能は、広告の自動選択機能です。

この広告自動選択機能は、現在企業などが入札している広告の中で一番単価が高い広告を自動的に選択し、広告を掲載しているサイトやブログに表示するという機能です。

この機能は全自動であるため、時間に余裕がない方でも安易に一番単価が高いものが表示され、高収益が期待できます。そのため、AdMaxを収入源として使用することは良い選択と言えるでしょう。

AdMaxの欠点

欠点としては、Adsenseと比べて1クリックあたりの単価が低いことなどが挙げられます。AdMaxにおける1クリックは10~15円程度だと考えられています。

ですが、この収益はほかのASPと比べると高いほうです。

Adsense

次に、Adsenseの利点・欠点を見ていきましょう。

Adsenseの利点

Adsenseは単価が高い

Adsenseの利点としては、ほかのどのサービスとは比べられないほど1クリックあたりの単価が高いことなどが挙げられます。

Adsenseは信頼できる

なお、1クリックの単価は20円から30円程度と考えられています。また、運営元が大手検索エンジンを運営しているGoogleであるということから、信頼できる収入元としても有名です。

Adsenseは情報が多い

Adsenseは広く使われているため、ネットでAdsenseについて調べればすぐに情報が得られます。

Adsenseの欠点

Adsenseは審査が厳しい

欠点としては、サイトの登録までの審査が厳しいことです。Adsenseを使用してサイトに広告を表示させ、それを収入源としていたとしても、その広告収入が規約違反によるアカウント停止で一瞬にして0になってしまうこともあり得るでしょう。

有名な例としては、大手有名サイト「NEVERまとめ」が著作権を侵害しているとしてAdsenseの永久停止を受けたことです。Adsenseの停止後、NAVERまとめは別の広告サービスに乗り換えましたが、広告収入が激減し、NAVERまとめ執筆者に対して支払われる報酬も減ってしまいました。

Googleは、巨大な収入源ともいえる有名サイトのAdsenseアカウントを規約違反で永久停止することも躊躇しません。

また、厳しい規約に基づくAdsenseを稼ぎ頭にしているブログ運営者のAdsenseアカウントが停止された場合、一気に収入はゼロになってしまうので、Adsenseだけで生計を立てることはある程度のリスクが伴います。もしAdsenseを使用したい場合は、AdMaxとの併用も考えてみてはどうでしょうか。

比較

Adsense AdMax
クリック単価 約25円 約10~15円
表示単価 なし あり
審査 厳重 実質なし
掲載まで 約一か月 4分
アカウント停止 頻繁 ほぼなし
提携 提携なし  多くの企業と提携
払い出し 10000円~ 500円~

以上のことから、Adsenseはクリック単価が高く、収入をより多く得たい人向けです。

しかし、Adsenseは規約が厳重ですぐにAdsenseの停止処分を喰らうことがあり、また掲載までに時間がかかるため、すぐに収入を得たい人には不向きです。一方Adsenseでは、審査が実質なしですぐに広告掲載ができ、払い出しも小額から可能です。また、広告の自動選択機能により、可能な限りの収益が得られます。

まとめ

以上のことから、当サイトではAdMaxの使用をおすすめします。AdMaxを使用する方は簡単アフィリエイト『忍者AdMax』をはじめようを、Adsenseを使用する方はオンライン ビジネス – ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Googleをご覧ください。なお、どちらかに絞れない場合は、両方を併用することも一つの方法でしょう。規約などを踏まえたうえで、慎重に判断してください。

AdMaxの概要

では、これからAdMaxを使用しようと考えている方向けに、AdMaxの基本的な仕様を振り返り、AdMaxの概要を簡単に紹介します。

  • 広告が表示されると収益になる
  • 広告がクリックされると収益になる
  • 500円から換金可能
  • オーバーレイ広告を利用可能
  • 広告をサイトのコンテンツの一つであるかのように表示できるネイティブ広告も使用可能
  • ネイティブ広告は独自に改変可能
  • 自動的に高収益な広告を選択
  • 最短4分で掲載の開始が可能
  • 実質審査なし

ここでは主要なAdMaxの仕様を数個挙げましたが、AdMaxにはほかにも便利な機能などが多数搭載されています。本格的に使用することを考えていない方でも、一度AdMaxを使用してみてはどうでしょうか。

もし気に入らないのであればそのまま使用を止めれば良いし、もし気に入ったのであればこれからも使用し続ければ良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です