レンタルサーバーの選び方

サイトやブログを運営するには、サーバーが必要です。

サーバーとは、Webページをユーザーに返すコンピュータのことで、サーバーがないと、サイトやブログを運営することはできません。

ほとんどの方はサイトやブログを運営するためにレンタルサーバーを使います。レンタルサーバーを提供する会社は無数にあり、月額100円で使えるサーバーから、月額数万円かかるサーバーまで、ピンキリです。ですが、安いという理由で格安のレンタルサーバーを選ぶと、後で必ず後悔することになります。

今回は、レンタルサーバーの選び方について書きます。

レンタルサーバーの形態

正しいレンタルサーバーの選び方の解説の前に、まず、レンタルサーバーの形態についてお話します。

レンタルサーバーの形態は多岐に渡ります。あなたが運営するサイトやブログに合わせ、レンタルサーバーの形態を選びましょう。

レンタルサーバーには、次のような形態があります。

  • 共有サーバー
  • VPS
  • 専用サーバー

これらの形態のレンタルサーバーを解説します。

共有サーバー

格安なサーバーは、たいていの場合、共有サーバーです。

共有サーバーは、一つのサーバーを複数人で共有する形態のサーバーのことです。共有サーバーは比較的低価格で利用できます。

ただし、一つのサーバーを複数人で共有するため、ユーザーの一人がリソースを使い切ってしまった場合、そのサーバーを使用しているほかのユーザーにも影響が出ます。現在ではこのような問題が起きないように、一人あたりのリソース割り当てがの設定されており、このような問題が起きることはほとんどありませんが、リソース使用量の制限が行われていることにより、アクセスが多く集まったときに割り当てられたリソースをすべて使い切ってしまい、ページが表示できなくなるという別の問題が発生します。共有サーバーを使用する際は、先ほどの点に加えてこの点に注意しましょう。

なお、この共有サーバーは、小規模なサイトの運営に向いています。

VPS

VPSは、仮想サーバーの形態のサーバーのことです。この形式は、中規模のサイトへの使用に向いています。

仮想サーバーを一つ所有することができるため、ほかの利用者に振り回されずにサーバーを使用することができます。また、ほとんどのサーバーでは、自由にプログラムをインストールでき、自分が使いやすいようにサーバーをカスタマイズすることができます。

専用サーバー

専用サーバーは、一つのサーバーを使用する形態のサーバーのことです。サーバーを一人ですべて自由に使用することができるため、高品質です。

ですが、サーバーを一台丸々使用するため、サーバーの初期費用や月額費用が非常に高いです。初期費用が数十万円もかかるサーバーも少なくありません。

このサーバーは、大規模なサイトを運営する場合に向いています。VPSと同じく、ほとんどのサーバーでは自由にプログラムをインストールでき、自分が使いやすいようにサーバーをカスタマイズすることができます。

格安サーバーの欠点

では、先ほどお話しした格安サーバーの欠点について解説します。

そもそも格安サーバーは、複数人で共有する共有サーバーであることがほとんどです。そのため、一人が利用できるリソースの量は限られます。100円レベルならなおさらです。

また、もしそのリソースの量で「レンタルサーバー契約当時は」問題なかったとしても、検索エンジンからそのサイトが信頼されるようになり、アクセスが集まるようになってくると、そのリソースでは足りなくなってきます。

リソースが足りなくなってしまっている間は、アクセスが多すぎてページを表示できないことを表す503エラーをアクセスユーザーに延々と表示し続けることになります。そのため、サーバーを安いという理由だけで選ぶべきではないでしょう。安いからという理由だけでレンタルサーバーを選ぶとあとで必ず後悔するというのはこのためです。

逆に、月額数千円の共有レンタルサーバーを使用すれば、値段に見合ったサーバー環境を手に入れることができます。そのため、今将来性のあるサイトのレンタルサーバーをお探しの方は、将来を見据えて月額数千円程度のレンタルサーバーを使用することをおすすめします。その程度のスペックのレンタルサーバーであれば、契約期間が切れるくらいのところで新しいレンタルサーバーを探す時期になるでしょう。

レンタルサーバーの費用はサイトを運営していくための初期投資であり、レンタルサーバーはサイトの中心です。そのため、安いという理由だけでサーバーを選ぶのではなく、将来性やパフォーマンス、リソースの上限などの事象を考慮して使用するサーバーを選ぶことをおすすめします。

サーバーの選び方

では、実際にサーバーを選ぶ際はどのような点に注意すればよいのだろうか。それには、いくつかのコツがあります。

非公式サイトの評価を見る

ほとんどのレンタルサーバーのサービスには、そのサービスの評価を投稿することができるサイトがあります。そのサイトを見て、そのサーバーのサービスを実際に使用している人の感想を見て、そのサーバーを使用するかどうかを検討するとよいでしょう。

実際の利用者からのレビューは、どのサーバーを使用するかを選んでいく上で無視できない情報です。そのため、ぜひこのような情報を参考にしてそのレンタルサーバーを使用するかどうかを検討することをお勧めします。

サポートに問い合わせてみる

どんなに高性能なサーバーでも、サポートが悪ければ意味がありません。レンタルサーバーを使用していく上では、ほぼ確実に何らかの問題が発生します。その際に優れたサポートを受けられなければ、そのサーバーの本来の性能を十分に生かすことができません。

そのため、そのような問題が発生した際に優れたサポートを受けられるかどうかをそのサーバーを使用する前に知っておくために、一度そのレンタルサーバーの会社にそのサーバーについて問い合わせてみるとよいでしょう。

そうすれば、そのサーバーのサービスを使用すればどのようなサポートを受けられるのか想像できるでしょう。そして、そのサポートの内容をみてそのサーバーを使用するかどうかを検討しましょう。

ほかのサービスと比較する

レンタルサーバーのホームページには、そのレンタルサーバーの魅力的な点が書かれています。

このようなページを見れば、たいていの人はそのレンタルサーバーを使用したくなるだろうが、その点には注意しなければなりません。なぜなら、レンタルサーバーのホームページは、ほとんどの場合は契約を成約に導くための、レンタルサーバー会社に有利になる情報しか書かれていないからです。

そのような偏った視点からの情報のみを頼りにレンタルサーバーを選ぶことは非常に危険です。

そこで、比較サイトが役立ちます。サーバー関連のサイトの中には、必ずさまざまな会社のレンタルサーバーの利点と欠点を比較しているサイトが存在します。このようなサイトを使えばそのレンタルサーバー会社をさまざまな視点から知ることができます。

そのため、レンタルサーバーを決める際は必ずこのようなサイトを参考にすることをおすすめします。

まとめ

レンタルサーバーの選択は将来のサイトにかかわる重大な決定の一つです。少々高いレンタルサーバーであっても、そのサイトで良品質なコンテンツを作成していくのであれば、そのレンタルサーバーの費用の出費によって得られるものはそのレンタルサーバーの費用よりも大きいでしょう。

そのため、サイトの中心であるレンタルサーバー費用を節約せず、将来を見据えて、将来性のあるレンタルサーバーを慎重に選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です