ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートは、ウェブマスター向けガイドラインに違反する対策を行っているサイトを検索結果から除去するためのアップデートの総称です。

今回は、このペンギンアップデートについてじっくり解説します。

ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートは、ブラックハットSEOを行っているサイトを検索結果から除去するためのGoogleのアルゴリズムのアップデートです。2012年4月24日に第一弾が施行され、あらゆるクエリにおいて大変動が発生し、話題となりました。

ブラックハットSEOなどといったスパムを行っているウェブマスターは、日々このアップデートに怯えています。

なお、ペンギンアップデートは一般的なウェブマスターの気にすることではありません。

過去のペンギンアップデート

次に、これまでに実施されてきたペンギンアップデートの概要を見ていきましょう。

  • ペンギンアップデート1: 2012年4月24日、約3.1%のクエリに影響
  • ペンギンアップデート2: 2012年5月26日、0.1%以下のクエリに影響
  • ペンギンアップデート3: 2012年10月5日、約0.3%のクエリに影響
  • ペンギンアップデート4(AKA Panguin 2.0): 2013年5月22日、2.3%のクエリに影響
  • ペンギンアップデート5(AKA Panguin 2.1): 2013年10月4日、約1%のクエリに影響
  • ペンギンアップデート6(AKA Panguin 3.0): 2014年10月17日、1%以下のクエリに影響
  • ペンギンアップデート7(AKA Panguin 3.1): 2016年9月23日に実施。詳細は不明。

初めてのペンギンアップデートであるペンギンアップデート1は、実に3%ものクエリに影響を及ぼしました。

また、スパム率の高かったドイツ語、中国語およびアラビア語の検索結果ではより多くのクエリが影響を受けました。

このアップデートにより、ブラックハットSEOが主流の時代から、徐々にホワイトハットSEOが主流の時代へとシフトしていきました。

ペンギンアップデート1が実施された後も、数か月ごとにペンギンアップデートは施行され、多くのクエリに影響を及ぼしました。

ペンギンアップデートが行われたことにより、ブラックハットな手法を用いて上位表示していたサイトは圏外へと飛ばされ、本当に役に立つページだけが上位表示されるようになりました。

なお、Google社員のJohn Mueller氏は、2015年4月7日、ペンギンアップデートが施行される際にGoogleがアナウンスを行うことはなくなったと公言しました。

2016年9月23日、Googleはペンギンアップデートがコアアルゴリズムの一部となったことを発表しました。ペンギンアップデートはリアルタイムで更新され、リアルタイムで順位が変動するようになりました。

ペンギンアップデート1の影響

Penguin Update – Google トレンドから

こちらは、あるトピックの影響力の大きさを算出するGoogle トレンドで「Penguin Update」を調べた結果です。ペンギンアップデート1が実施された2012年4月後半、ペンギンアップデート4が実施された2013年5月中旬、ペンギンアップデート6が実施された2014年10月中旬に大きな山が3つできていることがわかり、ペンギンアップデートがもたらした影響力の大きさを物語っています。

ペンギンアップデートとこれからのSEO対策

ペンギンアップデートが実施されたことにより、「低品質なコンテンツを上位表示させない」というGoogleの意向が再確認されました。

ウェブマスター向けガイドラインに従った対策を行うことが重要視され、ブラックハットSEOは「一昔前まで行われていた古い対策である」という認識が主流となりました。

よって、これから検索結果で上位表示していくためにはコンテンツSEOを行うことが欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です