ブログのアクセスを増やすには

ブログによっては、全くアクセスを集めることができないブログもある。もしかしたら、あなたのブログもそうなのかもしれない。それには、ある簡単な理由がある。しかし、それを理解できていない人が多いのが現状だ。そこで、今回は、さまざまな人に読まれるブログと誰からも読まれないブログの違いはいったい何なのか、そして、アクセスの集まらないブログでアクセスを集めていくにはどうすればよいのかを解説したいと思う。これからブログを運営するためには必須ともいえる知識なので、ぜひ最後まで読んでいただきたいと思う。

誰からも読まれないブログの種類

誰からも読まれないブログには特徴がある。

  • 日記ブログ
  • コンテンツが希薄なブログ
  • 始めたばかりのブログ

誰からも読まれないブログは、このようなブログであることが多い。始めたばかりのブログでも需要のあるコンテンツを作成していけばアクセスは徐々に増えていくのだが、日記ブログやコンテンツが希薄なブログなどではあまりアクセスを見込めない。なぜなら、このようなブログは人の役に立たないため、検索エンジンで上位表示されないからだ。もしこのようなブログを運営しているようであれば、ブログの方針を変更することをお勧めする。

読まれる日記ブログとは?

先ほどは、日記ブログは誰からも読まれないとした。ただし、一定のアクセスを稼いでいる日記ブログも存在する。では、よく読まれる日記ブログと誰からも読まれない日記ブログの違いは何なのだろうか。

その違いは、著者の知名度に起因する。例えば、一般に知られている芸能人のブログであれば、ファンがそのブログにアクセスしたり、その芸能人について詳しく知りたい人がそのブログにアクセスしたりすることで常に一定のアクセスを集めることができるだろう。しかし、その芸能人ブログをみて、一般人が真似して日記ブログを始めたとしても、芸能人ブログのように多くの人から読まれるブログになることはない。なぜなら、その一般人について調べる人がいないからだ。例えば、無名な一般人のブログに「○○店に食事に行きました」という記事があったとして、その記事を求めている人がいるだろうか。まずいない。そのため、一般人が日記ブログでアクセスを集めることはほぼ不可能に近い。

アクセスを上げるには

では、これからアクセスの少ないブログでアクセスを上げていくにはどうすればよいのだろうか。

コンテンツの充実

これからブログでアクセスを集めていくには、次のようなコンテンツをブログに更新していけば、自然とアクセスは集められるようになる。

  • 人の役に立つコンテンツ
  • 内容が濃厚なコンテンツ

このようなブログは需要があるため、検索エンジンもこのようなブログを上位表示するようになる。結果、アクセスを集められるようになる。

例えば、車の会社のブログで、オイルの交換を請け負ったことについての記事を作成するとしよう。その際、「○○様の車のオイルを交換させていただきました。ありがとうございました。」などという記事ではだれにも読まれることはない。なぜなら、そのような記事を求めている人はごく少数だからだ。検索エンジンで検索する人は、たいていは情報を求めている。そのため、そのような自社についての事実を記した日記のようなブログは検索されないのだ。そこで、その記事にオイル交換に関する豆知識などを掲載すれば、その豆知識が検索で引っかかり、検索エンジンからのアクセス流入が発生するかもしれない。また、検索エンジン流入でその記事を読んだ人が、「拡散しよう」と感じて拡散し、ソーシャルメディアによるアクセス流入が発生するかもしれない。

また、検索エンジンで上位表示されるようになるためにはコンテンツの充実が不可欠だ。過去はリンクの量が多くなければ上位表示されなかったが、現在では検索エンジンはコンテンツの純粋な質を最優先するようになったため、コンテンツを充実するだけで上位表示が見込めるようになっている。

ソーシャルメディアの攻略

利用者の多いソーシャルメディアで新しく作成した記事を紹介すれば、そこからのアクセス流入が見込める。ソーシャルメディアからのアクセス流入を倍増させるためのいくつかの投稿のコツがあるので、ここで解説したいと思う。

一つ目は、投稿におよそ100字以内でその記事を読みたくなるような文章を投稿することだ。この文章は、長すぎず短すぎずの長さにしなければならない。なぜなら、長すぎればユーザーがその文章を読む意欲をなくしてしまい、逆に短すぎればユーザーが対してその記事に興味を持たないからだ。

二つ目は、ブログ名を強調することだ。ソーシャルメディアで記事を紹介した投稿をユーザーが見たとしても、その投稿を見たすべてのユーザーが紹介した記事にアクセスするとは限らない。その際、もし投稿にブログ名が強調されていたら、後でその投稿を見たユーザーがそのブログ名でアクセスするかもしれない。そうすれば、ブログ名の検索によるアクセス流入が見込めるようになる。もちろん、ブログ名は覚えやすいものであるということが前提だ。もし覚えにくいブログ名を使用している場合は、覚えやすいブログ名に変更することをお勧めする。

三つ目は、ハッシュタグを使用することだ。Google+やTwitterには、ハッシュタグと呼ばれる機能がある。ご存知の方も多いだろう。詳しくは、Google+ でハッシュタグを使用する方法 – Google+ ヘルプ#ハッシュタグってどうやって使うの? | Twitterヘルプセンターを見ていただきたい。このハッシュタグの機能を使用すれば、そのハッシュタグで検索した際に記事紹介の投稿を表示させることができるようになるので、このハッシュタグ機能を使用することを強くお勧めする。

まとめ

低品質なコンテンツしかないブログは誰からも必要とされないため、ほとんどアクセスされない。逆に、豆知識などを豊富に書いているブログのコンテンツは需要があるため、検索エンジンからも評価され、アクセス流入が出る。また、ソーシャルメディアでも拡散され、ソーシャルメディアからのアクセスを集められるようになる。そのため、従来のようなアクセスされない日記ブログなどのブログの運営はやめ、需要のあるコンテンツをブログに更新していくことをお勧めする。そうすれば自然にアクセスは増えていくだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です