ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOは、検索エンジンを欺いて無理やり上位表示させるSEOです。

具体的には、本来であればあまり評価されないページを、検索エンジンのアルゴリズムの穴を突いて無理やり上位表示させるSEOのことです。

対して、検索エンジンが推奨しているSEOのことを「ホワイトハットSEO」といいます。

ブラックハットSEOの危険性

ブラックハットSEOを行うことにより、次のような危険を冒すことになります。

ブラックハットSEOを行おうとしているウェブマスターの方は、これらに十分注意してください。

ペナルティ

ブラックハットSEOは、検索エンジンを欺く行為であるため、ブラックハットSEOを行っていることが検索エンジンに発覚した場合、ペナルティを受けます。

ペナルティとは、ブラックハットSEOなどのWebスパムを行っているサイトに対して手動で行われる対策です。
Google Search Consoleで、あなたのサイトに対するペナルティの有無を確認できます。

ペナルティを受けた場合、ページがほとんどのキーワードで圏外(101位以下)に飛ばされてしまうため、検索流入は絶たれてしまいます。

インデックス削除

また、ブラックハットSEOの行為があまりにもひどい場合、そのページがインデックスから削除され、二度と検索結果に表示されなくなることがあります。

ブラックハットSEOの現状

確かに、ブラックハットSEOは検索エンジンの進化とともに難しくなってきています。

しかし、検索エンジンは完璧ではありません。
毎日巧妙なブラックハットSEOが広まり、Googleがそれに対応し、巧妙なブラックハットSEOを行ったページにペナルティを課すというイタチごっこを呈しています。

ですが、Googleの立場になって考えてみましょう。Googleは、検索結果に広告枠を設置し、広告を掲載する広告主から収入を得ています。
もし、検索結果がブラックハットSEOを行っているサイトで埋め尽くされてしまったら、Googleのユーザーは少なくなります。
Googleのユーザーが少なくなると、広告主からの広告収入も減ってしまいます。
そのため、GoogleはブラックハットSEOを行っているサイトを積極的に排除しようとしているのです。

そして、検索エンジンは、ブラックハットSEOを行っているサイトを排除するため、着実に進歩しています。

ブラックハットSEOは、検索エンジンに見つかったらすぐにペナルティを受け、圏外に飛ばされてしまうという不安定なSEOです。
そのため、ブラックハットSEOのような一時的にしか上位表示できない不安定なSEOよりも、安定して上位を独占できるコンテンツSEOを行うという風潮が高まってきています。

なお、ブラックハットSEOとコンテンツSEOについては「ブラックハットSEOの危険性とコンテンツSEOの必要性」を参考にしてください。

ブラックハットSEOの末路

ブラックハットSEOは、これから間違いなく、検索エンジンの改良と共に衰退していきます。
そして、最終的には、ブラックハットSEOが全く通じなくなり、コンテンツSEOを行わなければ上位表示は不可能になる日が来るでしょう。

そのため、これから安定してPVを集めたいのであれは、安定して上位を独占できるコンテンツSEOを行い、ブラックハットSEOは行わないようにすることをおすすめします。

関連項目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です