コンテンツSEOで挫折しない方法

コンテンツSEOは、検索エンジンで上位表示するための王道的な方法で、その名の通り、検索者のために役に立つコンテンツを量産するというものです。このSEO対策を実施すれば検索エンジンから評価され、上位表示による大きなアクセスが見込めるのですが、コンテンツを量産するという労力を要する方法であることから、コンテンツの作成を続けられず、挫折してしまう人もいます。

そこで今回は、コンテンツSEOで挫折しないため、コンテンツSEOを継続できない人の共通点とコンテンツSEOを継続させるための方法について書きたいと思います。

コンテンツSEOを継続できない人の共通点

コンテンツSEOを継続できない人のほとんどに共通する点は、短い間に行ったコンテンツSEOの成果を期待するという点です。よく、ソーシャルメディアなどで「コンテンツSEOをやっているが、まったく成果が出ない」「本当にコンテンツSEOの意味はあるのか」などといった発言を目にします。このような発言を行っているほとんどの人は、単にコンテンツSEOと称して作成しているコンテンツが低品質であるか、まだコンテンツSEOを初めて間もない人です。

まだコンテンツSEOを始めて間もなく、コンテンツが少ない状態ではあまり成果は出ません。そのため、一部の人はコンテンツSEOの効果に疑問を持ち、あきらめてしまいます。しかし、そのような人々はまだコンテンツSEOの本当の効果に気づいていないだけです。

コンテンツSEOは短期間ですぐに成果が出るものではなく、記事の内容にもよるが、コンテンツSEOでおよそ50記事~100記事の良質なコンテンツを作成する必要があります。また、検索エンジンはコンテンツが作成されてからの日数なども評価するため、コンテンツが作成されてからある程度の日数が経過している必要もあります。良質な記事を数個作成したからと言って、その記事のおかげで何万単位のアクセスが発生することはほとんどあり得ません。コンテンツSEOは大量の記事を継続的に作成することが必要です。

ただし、それは「3000文字の記事を一つ作成すること」よりも「1500文字の記事を二つ作成すること」のほうがアクセスを集める方法として手っ取り早いということを意味するものではありません。検索エンジンはコンテンツの質と量を評価するので、文字数がより多い記事を作成したほうがその記事は検索エンジンから高い評価を受け、結果的にサイト全体の評価が向上し、そのサイト上のほかの記事の評価も上がるため、サイトに好影響を与えます。比べて、文字数が少ない粗悪な記事を作成した場合は、逆に検索エンジンはその記事に悪い評価を与えるため、結果的にサイト全体の評価が下がり、そのほかの記事の掲載順位にも悪影響を与えます。そのため、記事数を増加させるために低品質な記事を作成するのではなく、時間はかかるが一つ一つの記事に時間をかけることをおすすめします。

コンテンツSEOを継続させる方法

では、多くの方が途中で挫折してしまうコンテンツSEOを継続させるにはどうすればよいのでしょうか。ここに当ブログ「Forchive」が独自で作成した手順を掲載します。

まず、記事を投稿する頻度と一記事当たりの最低文字数を決定してください(①)。一記事当たりの最低文字数は少なくとも2000文字以上にすることをおすすめします。できれば3000文字~5000文字が望ましいでしょう。頻度は自分が充分な質の記事を作成できる頻度で問題ありません。余裕をもって設定してください。そして、記事を投稿する日のカレンダーに印を付けてください(②)。そうすることで、記事投稿を忘れることなくコンテンツSEOを行うことができます。

次に、その頻度で記事を投稿すれば何か月で100記事に達成するかを確認してください(③)。一日に一記事ならおよそ3か月、3日に一記事ならおよそ10か月で100記事に達成します。そして、その目標のために先ほど決めた頻度で記事を投稿してください。あとから頻度を変えても問題ありませんが、必ず決めた頻度は守るようにしよう。

まとめ

コンテンツSEOは長い期間の継続が大切です。良いコンテンツを作成したとしても、そのサイトにほとんど記事がない状態では、そのコンテンツも上位表示させることができません。検索エンジンから上位表示されるようなコンテンツをたくさん作成してサイトを育てましょう。ただし、頻度を守ることに注意しすぎて記事の質が下がることだけには注意しましょう。もし、そのような状態に陥ってしまった場合、それはコンテンツSEOとして本来転倒な状態なので、その場合は無理のないレベルまで頻度を変えても問題ないでしょう。無理のない範囲内でコンテンツSEOを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です